日記

2021-10-17 11:26:00

生き方の違い

当時死病と言われた奔馬性肺結核を患い、毎日が発熱、不整脈、息切れと、定期的な喀血の瀕死状態でインドに導かれ、想像を絶する粗食、約11キロの石を背負わされ1日6キロの山岳地帯山道を歩かされる。

一年半その生活を続けたところ、体重も増え、健康状態が諸事万事、全く見違えるように回復した中村天風氏が、

当時106歳のカリアッパ師に、

「私、不思議です。どうしてこんなに私の全てが変わってしまうほど、夢にも思えない力が出たんでしょう」

と質問、

その回答が、

「もともとお前は力を持っている」

また別の日、

「俺はお前のように体で生きていない。肉体で生きるような間抜けな生き方をしているからお前は患った。

俺は気で生きている」

と言った。

2022.10.07 Friday